タンザニア エデン キリマンジャロの植林への貢献度

「エデンの森」マーク

昨年度、今年度と2年続けて提供しているタンザニア エデンキリマンジャロですが、始めたばかりの今年度のは既にお試しいただけましたでしょうか?

このコーヒー豆は売上の一部が失われつつあるキリマンジャロを救うための植林活動に役立てられるというストーリーあるコーヒー豆です。

商品説明にもそのように書いていますが、貢献度合いは省いてましたので、ブログで補足することにしました。

「エデンの森」マーク

【植林への貢献度】

このコーヒー豆を輸入している商社が、生豆1kgの売上につき10円を植林活動を担っているNGO タンザニア ポレポレクラブに寄付し、それが苗木となりキリマンジャロに植えられます。

したがって、コバルトが商社から麻袋(60kg入り)を1袋仕入れれば、600円が苗木となりキリマンジャロに植えられます。

苗木1本が80円するそうなので、7.5本分ですね。

60Kgの生豆を、コバルトにて不良豆を取り除き焙煎すると、大体48Kgの焙煎豆になります。

コバルトでこの48kgが不人気でイマイチ売れなかったとしても、商社からは購入済みですので、上述した寄付→植林は行われます。

でも、お客様に支持&ご購入していただけることで、追加でもう1袋仕入れたり、また来年度に新物を入れたりできるようになります。

そいうわけで、「このコーヒーいいね!」と思われたら、積極的にリピしていただいたり、紹介していただけたりすると、とても嬉しく思うわけであります。

どうぞよろしくお願いします( ´∀`)つc□~


公的政治的はさておき私的文化的に

チャンジャの明太フランス

最近SNSに韓国食品を使ったサンドイッチの写真を投稿したり、その際にハングルのハッシュタグを付けたりしています。

見た人から訝しまれてるかもしれませんので、その経緯を書く事にしました。

プルゴギベーグルサンド
プルゴギベーグルサンド #불고기

今日は日中韓サミットということで韓国の文在寅大統領が来日されました。

文在寅大統領といえば「親北」「反日」など言われており、日韓友好を願う人なら
今後の動向が気になるところですよね。

反日のアクションをとるのは、そういう言動をすることが、国民からの支持率アップにつながるからなのだと思います。

実際、過去には、支持率が落ちてきた時の挽回策として反日アクションに出るようなケースが結構あったと思います。

とすると、逆に一般ピーポーレベルで日韓関係が良好なら、反日政策をやっても支持率が上がらないため、そういった政策は影を潜め、政府レベルでも関係が良くなるのでは無いかと期待されます。

公的政治的は置いておいて、私的文化的に交流を深める。

これが一般ピーポーがやれる事であり、やるべき事だと思った次第です。

そんな考えで、韓国の人から「イイネ」してもらえるよう、冒頭のような投稿を時々しております。

もし不快なようでしたら、アンフォローしちゃってください(;´∀`)

どうぞよろしくお願いします。

チャンジャの明太フランス
チャンジャの明太フランス #창난젓 #명태프랑스

コーヒー晩酌

お惣菜パンでコーヒー晩酌

最近SNSで「#コーヒー晩酌」 というハッシュタグを時々付けて投稿しています。

それを見ていただいたから、「何ですか、それ?」ってコメントいただいた事がありましたので、こちらのブログのほうに書いておくことにします。

【日本人はお酒に弱い】

お酒に強い・弱いは遺伝子型で決まっているそうです。

全ての人はNN型, ND型, DD型に分かれ、NNは「お酒に強い」、NDは「弱い」、DD型は「飲めない」です。

そして、白人や黒人はNN型が100%なのに、日本人はNN型56%, ND型40%, DD型4% となっており、お酒に弱い人種といえます。

参考 日本人の約半分はお酒に弱い!?|飲酒の基礎知識|お酒と健康|キリン

ベーグルサンドでコーヒー晩酌

【コーヒー晩酌とは】

DD型は最初から飲まないでしょうから、酔って醜態を晒している人はND型が多いと推測されます。

この遺伝子型は検査でわかるそうですが、俺は間違い無くND型だと思います。

お酒は美味しいと思うものもあるし、全く飲めなくは無いけど、生中2杯も飲むと、体中が赤くなり、頭が痛くなり、思考が鈍ります。

そんな俺は、アルコール摂取を少なく抑え、代わりにコーヒーを飲むライフスタイルを選びました。

「コーヒーに合う夕食を用意して、晩酌のお酒をコーヒーに替える。」

それを「コーヒー晩酌」と勝手に言ってます(;´∀`)

コーヒー晩酌のおかげで、お酒は週にコーヒー焼酎もしくはコーヒーウォッカを30mlだけになりました。

人生は3万日。

40代半ばの俺は半分過ぎてますので、残り1万日ぐらいでしょうか。

アルコールにやられて、残り日数を無駄に消化するのは避けたいと思います。

ご飯物でコーヒー晩酌

【エピローグ】

イギリスの産業革命は、お酒ばかり飲んでいたイギリス人が、コーヒーハウスに集まってコーヒーを飲むようになり、頭脳明晰な状態で会話するようになった事で起きたとも言われています。

今の日本でも、酒に酔って周りに迷惑をかけたり、自分の時間を浪費したりしてる人が、お酒の代わりにコーヒーを飲むようになれば、少し社会が良くなるかもしれない、そんな気もします。

お惣菜パンでコーヒー晩酌


コーヒー豆「タンザニア ディープブルー 16/17」提供開始のお知らせ

タンザニア ディープルー タンガニーカ湖

本日からコーヒー豆「タンザニア ディープブルー 16/17」 を提供開始します。

焙煎度はシティローストです。

インドネシア  マンデリン アルールバダ との入替えになります。

ご購入量 価格
100g 520円
200g 1,000円 (100gあたり500円)
500g 2,400円 (100gあたり480円)

3年ぶりのディープブルーです。

【TABLE FOR TWO】

このコーヒー豆はTABLE FOR TWO 対象メニューとして提供しています。

100gのご購入が給食1食となって、アフリカやアジアの途上国の子どもに届けられます。

TABLE FOR TWO (テーブルフォーツー) 対象メニュー

アフリカの子どもたちに給食を TABLE FOR TWO公式サイト


神戸の石炭火力発電所計画について思うこと

神戸の火力発電所 設置計画

昨夜は定休日だったので、東灘区民センターでの神戸製鋼 火力発電所の説明会を聴いてきました。

中央区、灘区での説明会は、店の営業日で行けなかったので、一番遠い東灘区への遠征となってしまいました(;´∀`)

いきなり書いてしまうと、石炭火力発電所の新設は支持できません。

パリ協定によって世界が脱化石燃料に舵を切る中、「より効率の良い火力発電所を」というのは愚策のように思えて仕方ありません。

前回の環境評価方法書と、今回の環境評価準備書の間にパリ協定があったのですが、その影響は何も無いようです。

この案件は、国のエネルギー基本計画に則って進んでいるものなので、大元の計画が修正されない限りは、影響受けなくて当たり前なんだと思います。

でも、いくら国の計画に則ってようが、パリ協定に批准してる先進国の人口100万人都市で、2020年代にもなって石炭火力発電所が稼働し始めるというのは、神戸にとって汚点だと感じます。

一方で、環境関係のNGO等のシナリオに目を向けると、省エネ+再エネで、脱原発かつ脱化石燃料を2050年に達成可能となってたりします。

それはハードルは高く、簡単では無いと思いますが、そんな挑み甲斐のある計画を支持し日々行動する、国民、市民でいたいと思った、定休日の夜でした。

神戸の火力発電所 設置計画


フェアトレードチョコあります。奥に。

フェアトレードチョコ 2種あります

フェアトレードチョコ 2種あります

5月は世界フェアートレード月間です。

また、(既に過ぎましたが)5月第2土曜は世界フェアトレードデーでもあります。

そんな時期ですので、他の月より、フェアトレードの商品へ関心を持ち、お探しの方が少し増える傾向があるように感じます。

フェアートレードの食品として、コーヒーの次に思い浮かぶのはチョコレートではないでしょうか?

当店でも2種類(写真)を扱っていましたが、気温が25度を超えるようになったため、冷蔵庫に移してしまいました。

どちらも賞味期限は来年で、販売可能ですので、もしご要望があれば、お問い合わせください。

ただし、気温が25度を超えるような日は、持ち帰る間に溶ける可能性がありますので、保冷バッグなどご用意いただく事をオススメします。

コーヒー豆2種類(東ティモール レテフォホルワンダ ウィメンズ), マスコバド糖, 雑貨といったフェアトレード商品はいつもどおり店内にあります。

買い物は選挙のような物で、味や価格だけが選ぶ基準では無いと思います。

とはいうものの、味や価格の面でも納得していただけるものを揃えているつもりですので、よろしければ( ´∀`)


輸入食品の栄養成分表から糖質量を計算する方法


低糖質、ロカボがブームですねぇ(;´∀`)

うちの近所のローソンやダイエーに低糖質商品が目につくようになったなぁと感じていたら、先週からはすき家でも「ロカボ牛麺」なるメニューを見かけるようになりました。

そんな折の先週、うちで取扱っている輸入食品についても、糖質の量を質問される事がありましたので、ここで説明させていただきます。

輸入食品を取り扱う際、原材料などは日本語で表記しないといけないのですが、成分については必須でないため、どこの店も普通は書いてません。

したがって、英語の成分表(Nutrition Facts)から糖質量を読み取る必要があります。

これは、うちで取扱中のカカオ88%の板チョコのものです。

最初に見るべきなのは、何g中の成分量なのかということです。

これは Serv. Size を見れば良くて、この場合は43g中の成分量を記載しているということです。

次に糖質量ですが、「5g (Sugars) だ!」と思いませんでしたか?

実は Sugars は単糖類、二糖類のみの量で、デンプンなどの多糖類は含まれていないんです。

では、糖質量はどれかというと、直接は書いてないので計算する必要があります。

糖質は炭水化物(Total Carb.)から食物繊維(Fiber)を除いたものなので、17-6=11gです。

カカオ88%の板チョコですが、43g 中 11g は糖質ということになりますね。

糖質制限など取り組まれている方にとっては、5g と 11g ではだいぶ違うと思いますので、気をつけてください。

ついでなんで、ピーナツバターも。

やり方は全く同じで、Total Carb. 7gから Fiber 3g を引いた 4g が 32g (Serv. Size) 中に含まれる糖質です。

このピーナツバターはFIFTY50という糖尿病の抑止に取り組んでいる団体が作っているものなので、さすがに低糖質です。

以上ですが、イマイチ良くわからないようでしたら、店頭でお問い合わせください。