コーヒー豆: タンザニア ディープブルー 16/17


エリア タンザニア西部 キゴマ地区
標高 1,500m
生産者 小農家
収穫時期 2016年5月~8月
加工方式 ウォッシュト
品種 N39.
認証

タンザニアの北西部・タンガニーカ湖付近にあるキゴマ地区で作られる単一品種(N39)に限定されたコーヒーです。

タンザニアはキリマンジャロ山のある北部が産地としては古くから有名ですが、キゴマ地区は年々発展中のポテンシャルの高いエリアです。

タンザニア ディープブルー 農園風景

小農家による栽培ですが、細分化された地区毎に品質管理担当者が最低4名配置され、農業指導を行うなど高品質商品の生産を促しています。

また、選別を特定の優良選別工場(カンヨブドライミル)に集約することで、品質のバラツキが抑えられています。

タンザニア ディープブルー パルパー(果肉除去機)

【TABLE FOR TWO】

このコーヒー豆はTABLE FOR TWO 対象メニューとして提供しています。

100gのご購入が給食1食となって、アフリカやアジアの途上国の子どもに届けられます。

TABLE FOR TWO (テーブルフォーツー) 対象メニュー

アフリカの子どもたちに給食を TABLE FOR TWO公式サイト

今回の生産国タンザニアも TABLE FOR TWOの支援先のひとつです。
以下はタンザニア ザンジバルでの支援レポートです。

TABLE FOR TWO 支援先レポート

TABLE FOR TWO 支援先レポート


“コーヒー豆: タンザニア ディープブルー 16/17” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です