おはぎの新名称(案)


店の定休日である火曜日のコーヒータイムは、和菓子と楽しむのがすっかり習慣化しております。

毎週月曜になると「さて明日の和菓子は何にするか?」と考えるのが楽しいのですが、今回10/9(火)は新月なので近所の松永製餡さんの特製おはぎをいただきました。

【新月におはぎ】

なぜ新月におはぎか?

おはぎの別名には「ぼたもち」以外に「北窓」というのもある事をご存知でしょうか?

餅のようにペッタンペッタン搗(つ)かないおはぎは、いつ搗いたかわからないため、「搗き知らず]。

一方で北向きの窓は月が見えないため、「月知らず」。

それで、おはぎを北窓と呼ぶんだそうです。

ならば月が見えない新月も「月(搗き)知らず」という事で、おはぎを選ぶのがオシャレではないかと思った次第です。

もうひとつ有名な呼び名に「夜舟」というのがあります。

夜の舟はいつ着いたかわからないので「着き(搗き)知らず」→「おはぎ」だそうです。

いやー、昔の人はオシャレですねー。

考えた人もだけど、それが流行るところがオシャレだと思います。

負けじと冒頭の「新月」以外にもいくつか考えてみました。

【おはぎの新名称案】

「月食」

その心は「北窓」「新月」と同じ「月知らず」。

新月に続いて月食とは、なんとも安易な発想ですねぇ。

難点は、ツキイチの新月と違って、なかなか食べる機会が無いことでしょうか。

「爆睡」

その心は「夜舟」と同じ「着きしらず」。

電車で爆睡したら降車駅に着いた事がわからないでしょう。

んー、全くもってオシャレじゃないですねー。

「マクレーン」

上の2つとは違い、「その心」から自作してみました。

その心は「ツキ知らず」

マクレーンとはダイ・ハードという映画の主人公で、通称「世界一ツイてない男」です。

なので「ツキ知らず」です!

でも、映画を観る限り、あの大変な難局を切り抜けれるのは、かなりツイてるような気もします^^;

松永製餡さんの「おはぎ」
春日野道にある松永製餡さんの特製おはぎ。10月9日の新月は、和菓子屋さんではなく、あんこ屋さんのおはぎをいただきました。

【エピローグ】

追加で考えたのはどれもパッとしませんねぇ。

最初の「新月」が我ながら一番よい出来に思います。

今日は近所のまつざ

ということで、新月の日にはおはぎを楽しむ活動を続けていこうと思います。

もちろんコーヒーとともに( ´∀`)つc□~