「エチオピア (モカ) イルガチェフェ ドライ 18/19」焙煎開始


コーヒー豆「エチオピア イルガチェフェ ドライ 18/19」 を焙煎&提供開始しました。

焙煎度はミディアムロースト(M), シティロースト(C)の2種類からお選びいただけます。

ご購入量 価格
100g 520円
200g 1,000円 (100gあたり500円)
500g 2,400円 (100gあたり480円)

 

過去に「エチオピア (モカ) イルガチェフェ ナチュラル 」 という名で提供していたコーヒー豆の、今年度クロップです。

ナチュラルというのはコーヒー豆の加工方式のひとつで、収穫したコーヒーチェリーをそのまま乾燥させて、カリカリになったら脱殻して中の種(生豆)を取り出すやり方です。

水を使用しないので乾式(Dry Process)とも言われます。

以上のことはコーヒーにある程度の造詣がある方には認知されていますが、一般的には”ナチュラル”が名前に入っていると、なにか自然食品のような意味に誤解される事があり、逆にそれ以外のコーヒー豆への印象が悪くなったりしかねません。

そのため、グアテマラ メディナ ドライ同様にエチオピア イルガチェフェも今クロップからは”ドライ”とする事にしました。

どうぞよろしくお願いします。

ナチュラル(自然乾燥式)
ナチュラル(自然乾燥式)・・・Dry Processとも呼ばれ、果肉をつけたままのチェリーを乾燥させる方式です。