コーヒー豆: インドネシア (マンデリン) ドロサングル 16/17


エリア スマトラ島北部 ドロサングル地区
標高 1,400m
生産者 小農家
収穫時期 2016年10月~2017年3月
加工方式 ウェットハル(スマトラ式)
品種
認証

「マンデリン」とはそのまま特定のコーヒー生産地を表す名称ではなく、スマトラ島北部で生産されるアラビカコーヒーの総称です。

そのためマンデリンの生産地は広大なスマトラ島北部に広がり、小規模農家からの集約によるバラツキが発生し品質管理が難しくなっています。

インドネシア マンデリン 景観

その点、このコーヒ豆は優良産地と知られるドロサングル地区で栽培&収穫されたものに限定されています。

それをサイズ、重量で選別した後、さらにハンドピックを3回繰り返す事で、とても高品質なマンデリンとなっています。

(もちろん、さらに当店でも焙煎前後にハンドピックを繰り返し行なっています。)

インドネシア マンデリン 選別工程

 


“コーヒー豆: インドネシア (マンデリン) ドロサングル 16/17” への2件の返信

コメントは受け付けていません。