クッキーに使うコーヒー豆の焙煎度はどれぐらいのがいいか?


えー、先日のことですが、お客様からタイトルの質問をいただきました。

「クッキーに使うコーヒー豆の焙煎度はどれがいいか?」

アイスコーヒー、ゼリー、お酒、などについては時々聞かれますが、焼き菓子は初(;´∀`)

一時期、クマがアーモンドを抱えたクッキーをよく見かけましたが、アーモンドでは無くコーヒー豆を抱えさせたいそうです( ´∀`)

クマの型は持ってないので、丸とカボチャの型で実際に作ってみました。

アーモンドを抱えたクマのクッキー
アーモンドをコーヒ豆に?

【クッキー焼成による再加熱の影響】

気になるのは、「焙煎済みのコーヒー豆をもう一度焼くことで、どういう影響があるか」ということじゃないか思います。

アーモンドなどの場合は、最初に単体で焼いておく場合もあれば、クッキーを焼く時に一緒に焼けるからと、生のまま使う場合もあると思います。

で、コーヒー豆はというと、再加熱の影響はあまり気にしなくていいと思います。

アーモンドは150度ぐらいで焼くので、焼いたアーモンドをクッキーと一緒に180度で加熱すると、さらに焼けるでしょう。

でも、コーヒー豆の焙煎では中煎りでも200度ぐらいまでは加熱済みなんです。

その後、クッキーと一緒に180度で焼いても、さほど焙焼反応は進まないと思われます。

実際にハイロースト(中煎り)、フルシティロースト(深煎り)の2種類の焙煎済み豆を埋め込んだクッキーを焼いてみましたが、外観&硬さともに、ハイローストはハイローストのまま、フルシティローストはフルシティローストのままのようでした。

2種類の焙煎度のコーヒー豆を使ったクッキー
ハイ(かぼちゃ型)、フルシティ(円形)で試してみましたが、180度で15分焼いたぐらいでは明らかな変化は無いようでした。

【オススメの焙煎度】

こればかりは、実際に作ってみて判断していただくしかありません。

しかし、焙煎度を変えながら何種類もクッキーを試作するのは手間がかかると思います。

代わりに、コーヒー豆の入っていないクッキーとコーヒー豆を同時に食べれば、ざっくりした味見にはなるんじゃないでしょうか?

コーヒー豆は焙煎度が深いほど、色は黒く、食感は柔らかく(脆く)、香りはスモーキーになっていきます。

「これだ!」と思ったのをお選びいただければと思います。

うまくいったら、1枚お裾分けお願いしますねっ!( ´∀`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です