「どら焼き (三笠)」にコーヒー


 今回のパートナーは「どら焼き(三笠)」です。

これまでのフードペアリングで、小豆の餡を使った和菓子はコーヒーに良く合い、かつ、フルシティローストやシティローストといった飲みやすい焙煎度のコーヒーがいいという事は、わかってます。

ただ、AISSY株式会社が行った味覚センサーを用いた分析(↓)で、どら焼きが他の和菓子と比べても圧倒的にコーヒーと相性がいいとの結果が出てましたので、試してみることにしました。

「コーヒーと和菓子」は「ステーキと赤ワイン」以上に好相性!? | ORICON NEWS

どら焼きは、春日野道 広島屋菓子舗さんの「三笠」を使わせていただきました。

【合わせるコーヒー】

コーヒーは以下の3種類の焙煎度で用意しました。

・ハイロースト(中煎り) 「東ティモール レテフォホ
・フルシティロースト(深煎り) 「コバルトブレンド
・イタリアンロースト(極深煎り) 「ブラジル ダテーラヴィラ

どら焼き(三笠)とコーヒー

 

【ペアリング結果】

「1位 フルシティロースト、2位 ハイロースト、3位 イタリアンロースト」となりました。

やっぱり、小豆餡を使った他の和菓子と同様に、フルシティローストぐらいのコーヒーが無難に合いそうです。

イタリアンローストは小豆餡と喧嘩するので避けたほうが良さそうです。

ハイローストはありですが、コーヒーだけの時に比べ酸味が顕著になる感じがするので、酸味が苦手な方はこれも避けたほうがいいかもしれません。

今回もコバルト店主とスタッフ1名の計2名での評価にすぎませんので、ご参考程度に Σ(´∀`;)

コーヒーの友も含めてのコーヒータイム。

日本独自のフードペアリングで、コーヒータイムを楽しんで下さい( ´∀`)つc□

和菓子(どら焼き)とコーヒー


“「どら焼き (三笠)」にコーヒー” への1件の返信

コメントは受け付けていません。