コーヒー豆: グアテマラ メディナ ドライ 18/19

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園 スタッフ
エリア アンティグア地区
標高 1,300-1,600m
生産者 アルト・デ・メディナ農園
収穫時期 2018年11月-2019年2月
加工方式 ナチュラル(乾式)
品種 ブルボン(50%), etc.
認証 レインフォレスト・アライアンス認証

世界最良のコーヒー生産地の一つとして名高いグアテマラ アンティグア地区で、高いレベルで安定生産を続けているのがメディナ農園です。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園 コーヒーファーム

そのメディナ農園が新しくチャレンジを始めたナチュラル(乾式)加工によるコーヒー豆です。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園 看板

グアテマラ伝統のウォッシュト(湿式)とは一味違った風味を感じてみてください。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園  スタッフ

コーヒー豆: コロンビア スウィートベリー 18/19

コロンビア ウィラ県 コーヒー農園
エリア ウィラ
標高 1,300-1,800m
生産者 小農家
収穫時期 2018年10月~12月
加工方式 ウォッシュト
品種 カスティージョ, コロンビア, カツーラ, etc.
認証

世界第4位のコーヒー生産国コロンビアでは、標準的な豆はスプレモ、エクセルソといった豆の大きさだけで分けて取引きされます。

サイズの大きいスプレモのほうが高級とされていますが、複数産地の豆がミックスされ品質にバラツキが生じます。

colombia huila coffee cherries

このスウィートベリーはアンデス山系の南部に位置するウィラ県産に特定したスプレモです。

ウィラ県には37市町村があり、内35市町村でコーヒー生産がおこなわれています。

コロンビア ウィラ県 コーヒー農園

古くから品質の高さに定評のある地区ですが、近年コーヒー生産量が増加
傾向にあり、安定的な供給も見込めるため、ますます注目を集めています。

ウィラ コーヒー フードペアリング
FNC(コロンビアコーヒー生産者連合会)が提供しているフードペアリングツリーです。中心から伸びる枝が短い食材 (ハム, 味噌, ナス,,ごま油, etc.)が、より相性が良いとされているそうです。
 

コーベー(KOBE) – サルタナコーヒー

コーベー(コーヒー豆屋のベーグル) サルタナコーヒー

 

コーベー(コーヒー豆屋のベーグル) サルタナコーヒー

【商品の説明】

コーベー(KOBE)とは「コーヒー豆屋のベーグル」の略で、その名の通り、自家焙煎の新鮮なコーヒー豆を使用したベーグルです。

サルタナコーヒーは、極深煎りのコーヒー豆から抽出した濃縮コーヒー液で仕込んだ生地にサルタナレーズンとクルミを混ぜ込んだ、さっぱりした甘さのベーグルです。

コーヒー黎明期に飲まれたという「サルタナコーヒー」は焙煎していないコーヒー豆が使われたそうですが、このベーグルには当店でしっかり焙煎したコーヒー豆を使用しています。

【原材料】
小麦粉, サルタナレーズン, クルミ, コーヒー豆, 砂糖, 塩, イースト
【アレルギー表示】
小麦
【このベーグルに合うコーヒー】
シティローストの焙煎度のコーヒー
【アレンジ例】
バージンココナツオイル, クリームチーズ

【位置づけ】

当店はコーヒー豆屋ですので、自分で淹れるコーヒーのパートナーという位置づけでベーグルをご用意しています。

ニューヨークのベーグルのようにサンドイッチにする前提のものでは無く、そのままでコーヒーと一緒に楽しんでいただけるものを意識して作っています。

コーベー(コーヒー豆屋のベーグル) サルタナコーヒー

【特徴】

サンド前提で無いなら、具材を挟みやすいよう広くする必要は無いので、現在のニューヨークベーグルのようなラージサイズでは無く、伝統的なサイズで作っています。

食感はクラムはムギュッとつまった噛みごたえのある感じで、クラストはセミハード(エッジ部分だけカリッとしてる感じ)です。

固くなりすぎないように意識していますが、普段やわらかいパンを食べ慣れているかたは噛み切るのに少し苦労されるかもしれません。

でも、召し上がった方に「フワフワ」「モチモチ」といった感想を持たれるのは、ベーグルとしてはNGと思っています。

ご了承お願いします。

【お召し上がり方】

●ベーグルらしいムギュッとした噛みごたえのある食感を味わいたい方

そのまま焼かずにお召し上がり下さい。

●カリッとした食感を味わいたい方

ラップを外してオーブンまたはトースターで軽く焼いて下さい。
※食感が若干やわらかくなります。

【保存方法】

●常温保存

直射日光を避けて保存し、ご購入日の翌朝までにお召し上がり下さい。

●冷凍保存

翌朝までに召し上がらない分はご購入日のうちに冷凍保存して下さい。
ラップで包んでますので、密閉できる保存袋にそのまま入れ、冷凍庫で保存して下さい。

冷凍したベーグルはお買い上げ日から2週間以内を目安にお召し上がり下さい。

●解凍方法

ラップしたまま室温で自然解凍して下さい。

2~4時間 (室温等によって変わります) で解凍されます。

お急ぎの場合はラップしたまま電子レンジ (600Wで1分程) で温めてから、ラップを外してオーブンまたはトースターで軽く焼いて下さい。
※食感がとても柔らかくなりますので、緊急時以外は避けて下さい。
※電子レンジの出力&時間は目安ですので、ご利用環境に合わせて調整して下さい。

 

コーヒー&Wチーゲル セット (期間限定: 6-8月, 11-1月)

コーヒー豆&マンデルチーゲル&ココチーゲル
コーヒー&Wチーゲル セット (期間限定: 6-8月, 11-1月)
自家焙煎のコーヒー豆と本高砂屋さんの2種類のチーゲル(マンデルチーゲル,ココチーゲル)のセット
提供価格
コーヒー豆の代金+1,500円
内容

・コーヒー豆 (250g) 2種類 (豆か粉かお選びいただけます)
・マンデルチーゲル(本高砂屋) 4個
・ココチーゲル(本高砂屋) 4個
※お選びのコーヒー豆によって3,500円~4,500円ぐらいのギフトになります。

コーヒー豆&マンデルチーゲル&ココチーゲル

袋の破裂を防ぐため、コーヒー豆から発生する炭酸ガスを外に逃すことができる特殊な袋を使用します。

神戸を代表する3種のチュイルアマンド(アーモンド瓦せんべい)を集めています。

本高砂屋さんの「チーゲル(瓦)」には、マンデルチーゲル以外に実はもう1種類「ココチーゲル」があります。

ココナッツの香りとザクザクした食感が楽しいお菓子ですが、オーダ製造品とされています。

そのため当店でも6-8月,11-1月の期間限定で提供しています。

コーヒーギフト

ご要望に応じて、熨斗(のし)は簡易な短冊形のものを貼らせていただきます。

コーヒーギフト

帯による簡易包装です。

インドネシア マンデリン ミトラ 18/19

インドネシア スマトラ島のトバ湖
エリア スマトラ島北部 リントンニフタ,パランギナン
標高 1,300m
生産者 小農家
収穫時期 2018年10月~2018年12月
加工方式 ウェットハル(スマトラ式)
品種 ティピカ系
認証

インドネシアを代表するコーヒー「マンデリン」とは特定の産地や品種を表す名称ではなく、スマトラ島北部で生産されるアラビカコーヒーの総称です。

そのため、マンデリンの生産地は広大なスマトラ島北部に広がり、小規模農家からの集約によるバラツキが発生し品質管理が難しくなっています。

スマトラ島 トバ湖

そんな中でこのコーヒー豆は、良質なコーヒーの産地として名高いリントンニフタ、パランギナン地区から農家を厳選して集めることで、品質向上が図られています。

各農家からはパーチメント(殻付き状態)で輸出業者に集められ、以降の工程(脱殻、選別など)は輸出業者の徹底した管理の元で一貫して処理されます。

生産エリア、流通、精選、選別の各工程においてこだわったコーヒーです。

インドネシア マンデリン スマトラタイガー ハンドピック作業

 

黒ひよこ豆のコーヒーあんと八ツ橋

 

黒ひよこ豆のコーヒーあんと八ツ橋
八ツ橋スプーンでどうぞ。
【商品の説明】

インドの小粒種ひよこ豆(desi)を自家焙煎の深煎りコーヒーで煮た粒あんに八ツ橋を付けました。

八ツ橋をスプーンとしてお使いください。

もちろん、最後は八ツ橋スプーンもろともお召し上がりください。

※あんのみ、八ツ橋のみでもご購入いただけます。

【原材料】
コーヒーあん: 黒ひよこ豆(desi), 砂糖, コーヒー豆
八ツ橋: 砂糖, 米粉, きな粉, 桂皮末
【アレルギー表示】

黒ひよこ豆のコーヒーあんと八ツ橋とドリップコーヒー

八ツ橋は1袋3枚入りです。

コーヒー豆: グアテマラ メディナ 18/19

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園
エリア アンティグア地区
標高 1,300-1,600m
生産者 アルト・デ・メディナ農園
収穫時期 2018年11月-2019年2月
加工方式 ウォッシュト (湿式)
品種 ブルボン, パカス
認証 レインフォレスト・アライアンス認証

世界最良のコーヒー生産地の一つとして名高いグアテマラ アンティグア地区で、高いレベルで安定生産を続けているのがメディナ農園です。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園 コーヒーファーム

スターバックス、イリーといった巨大コーヒー企業にも生豆を提供している事でも知られています。

多様化するグアテマラコーヒーにおいて、産地(アンティグア)、品種(ブルボン)、加工方式(ウォッシュト)と伝統を踏襲した、グアテマラのスタンダードともいえるコーヒーです。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園 看板

グアテマラ伝統のウォッシュト(湿式)とは一味違った風味を感じてみてください。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園  スタッフ