黒ひよこ豆のコーヒーあんと八ツ橋

 

黒ひよこ豆のコーヒーあんと八ツ橋
八ツ橋スプーンでどうぞ。
【商品の説明】

インドの小粒種ひよこ豆(desi)を自家焙煎の深煎りコーヒーで煮た粒あんに八ツ橋を付けました。

八ツ橋をスプーンとしてお使いください。

もちろん、最後は八ツ橋スプーンもろともお召し上がりください。

※あんのみ、八ツ橋のみでもご購入いただけます。

【原材料】
コーヒーあん: 黒ひよこ豆(desi), 砂糖, コーヒー豆
八ツ橋: 砂糖, 米粉, きな粉, 桂皮末
【アレルギー表示】

黒ひよこ豆のコーヒーあんと八ツ橋とドリップコーヒー

八ツ橋は1袋3枚入りです。

コーヒー豆: グアテマラ メディナ 18/19

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園
エリア アンティグア地区
標高 1,300-1,600m
生産者 アルト・デ・メディナ農園
収穫時期 2018年11月-2019年2月
加工方式 ウォッシュト (湿式)
品種 ブルボン, パカス
認証 レインフォレスト・アライアンス認証

世界最良のコーヒー生産地の一つとして名高いグアテマラ アンティグア地区で、高いレベルで安定生産を続けているのがメディナ農園です。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園 コーヒーファーム

スターバックス、イリーといった巨大コーヒー企業にも生豆を提供している事でも知られています。

多様化するグアテマラコーヒーにおいて、産地(アンティグア)、品種(ブルボン)、加工方式(ウォッシュト)と伝統を踏襲した、グアテマラのスタンダードともいえるコーヒーです。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園 看板

グアテマラ伝統のウォッシュト(湿式)とは一味違った風味を感じてみてください。

グアテマラ アルト・デ・メディナ農園  スタッフ

黒目豆 (ブラックアイビーンズ) の甘煮

黒目豆(ブラックアイビーンズ)の乾燥豆

ブラックアイビーンズ(黒目豆)の甘煮

【商品の説明】

黒目豆(ブラックアイビーンズ)の甘煮です。

黒目豆は色は違えど赤飯で使われるササゲと同じ種類なので、風味は小豆に似ています。
栄養の面では小豆と比べて、タンパク質多め、糖質少なめという特徴があります。
また小豆より煮崩れしにくいため、あんこより煮豆に向いているといえます。

せっかく糖質少なめなので、砂糖の代わりにパルスイートで甘味を付けています。
おやつはもちろん、米や麦の代わりの主食としてもいかがでしょうか。
小豆似ですのでコーヒーとの相性もよいです。

【原材料】
黒目豆(ブラックアイビーンズ), パルスイート
【アレルギー表示】
黒目豆(ブラックアイビーンズ)の乾燥豆
煮る前の黒目豆。パンダの目のような黒い模様が顕著です。

ブラジル ダテーラ サンライズ 18/19

ブラジル ダテーラ農園 ロゴ
エリア ミナスジェライス州パトロシーニョ市
標高 1,000-1,100m
生産者 ダテーラ農園
収穫時期 2018年6月~9月
加工方式 ナチュラル, パルプトナチュラル
品種 ムンドノーボ, カツーラ, etc.
認証 レインフォレスト・アライアンス認証

ブラジル ダテーラ コーヒーチェリー

世界第一位のコーヒー生産国がブラジルで、世界の約3割のコーヒー豆はブラジル産です。

日本の国別輸入量も同様にブラジルが最大で約3割を占めています。

そんなブラジルの中でも、ダテーラは年間85,000袋の生豆を生産する大規模農園です。

生産から輸出まで全て農園で一貫して行うことができ、安定した品質のコーヒーの供給を続けています。

ブラジル ダテーラ農園 ファーマー

社会貢献に積極的に取り組んでいる農園で、レインフォレスト・アライアンス認証を取得するなど持続可能なコーヒー生産を追求しています。

ダテーラ農園でコーヒー生産に携わる人々のインタービューを集めた動画(日本語版)がありますので、観てみて下さい。

でしもなか (インド産ひよこ豆の最中)

ひよこ豆には大粒種のカブリと小粒種のデシがあります。
「でしもなか」ではその名のとおりデシを採用しており、栗のような香ばしいフレーバーをより深く味わえます。

【商品の説明】

餡(あん)にインドの小粒種ひよこ豆デシ(Desi)を使用しており、栗のような香ばしい風味が大粒種より強く感じられます。

新潟産こがねもちを使用した種(皮)からもお米が香ります。

種のサクサクした食感を損なわないように、餡と種を分けて提供しますので、お召し上がりの直前に合わせてお楽しみください。

最中2個分(餡80g, 種4枚)をセットにしていますが、餡のみでの販売も承ります。

【原材料】
餡: ひよこ豆(インド産デシ), 砂糖
種: もち米(新潟産こがねもち)
【アレルギー表示】
でしもなかを他の和菓子に例えるなら、小豆あんの無い栗だけの栗最中といった風味です。

ルワンダ キャヒンダ 17/18

ルワンダ キャヒンダ の女性生産者
エリア 南部州ニャルグル地区ニャギソジ市キャヒンダ村
標高 1,800-2,050m
生産者 小農家
収穫時期 2018年2月~5月
加工方式 ウォッシュト (水洗式)
品種 ブルボン
認証

ルワンダのコーヒーは1904年にドイツの宣教師によってもたらされますが、植民地支配していたベルギー向けの低級なものが大部分でした。

ジエノサイド(1994年)後に国の復興とともに大きく発展をとげ、現在では世界的にも高い品質のコーヒーを産み出す優良生産国となっています。

「千の丘の国」と呼ばれるルワンダの地形や気象条件が、良質のコーヒーにつながっていると言われています。

ルワンダ キャヒンダのアフリカンベッド

コーヒー豆は通常1個の実(コーヒーチェリー)から2個とれますが、3-5%の割合で1個しか入っていない豆があり、ピーベリーと呼ばれます。

このコーヒーはそれを集めたものです。

ルワンダ キャヒンダ の女性生産者

 

ブラジル プレミアムショコラ 18/19

ブラジル プレミアムショコラ 乾燥工程
エリア ミナスジェライス州サントアントニオドアンパロ周辺
標高 1,000-1,100m
生産者 サンコーヒー (サントアントニオエステートコーヒー生産者組合)
収穫時期 2018年5月~9月
加工方式 ナチュラル
品種 ムンドノーボ, カツカイ, カツアイ
認証

約20の農園から構成される生産者共同体による力作コーヒー豆が、このプレミアムショコラです。

共同体であるからこその情報共有、スケールメリットが活かされ、毎年、安定した品質のコーヒー豆を産み出しています。

ブラジルのコーヒーも近年は多様な方式で加工&精製されるようになっていますが、これはブラジル伝統のナチュラル(自然乾燥式)で処理されたコーヒー豆です。

「ご当地コーヒー」とも言えるコーヒーをお楽しみください。

ブラジル プレミアムショコラ 乾燥工程
果肉がついたまま乾燥させます。