ペルー ブルーコンドル 19/20


エリア カハマルカ県チリノス
標高 1,750-1,900m
生産者 アルトカハマルカの8名の生産者
(フロレンティーノさん、ガブルエルさん、リノさん、グラシエラさん、ドミンゴさん、マルコスさん、ゴンザロさん、サントスさん)
収穫時期 2019年7月~9月
加工方式

水洗式(ウォッシュト)

品種 ティピカ、ムンドノーボ、カツーラ、ブルボン、パチェ、カツアイ
認証

ペルーには1700年代のスペイン植民地時代にコーヒーが伝来しました。
300年近くたった現在でも伝来当時の品種ティピカが輸出栽培品種の70%以上を占めています。

ペルー ブルーコンドル コーヒーチェリー

11万人以上いるコーヒー生産者のほとんどはスペイン語を第二外国語とする土着の先住民です。
かつては大部分のコーヒー豆は大規模農園による物でしたが、近年は小規模農家が集まった協同組合等によって洗練されたコーヒー豆が作られています。

ペルー ブルーコンドル 生産者

このブルーコンドルもアルトカハマルカ地区の8生産者による限定ロットです。

Peru Blue Condor