コーヒーに樹脂製スプーンが便利と思える2点


まだ1月ですが、早くも2018ベストバイかも?と思えるモノに出逢いましたので、紹介したいと思います。

それは、100均で手に入れたプラスチック(樹脂)のスプーンです(;´∀`)

【良いところ その1】

コーヒーが冷めないことです。

ハンドドリップでカップに直接コーヒーを落とすと、上の方は薄くて不味い液体になりがちなので、飲む前にスプーンで軽く混ぜたほうがいいです。

その際、室温が低いと、スプーンの温度も低くなっているので、金属やセラミックのスプーンで混ぜるとコーヒーの熱が奪われ結構冷めます。

でも、樹脂のスプーンなら、それほどコーヒーから熱を奪わないのでマシです。

樹脂製スプーンはコーヒー等のホットドリンクの熱を奪いにくいです。

【良いところ その2】

レンチンできることです。

寒い時期はミルクやココアパウダーをコーヒーと混ぜて飲むことが増えてきます。

ホットコーヒーとホットミルクを混ぜるならいいのですが、俺の場合は、冷めたコーヒーにココアパウダーと冷たい豆乳を加えて混ぜて、それからレンチンすることが多いです。

そんな時に、ココアパウダーや豆乳を混ぜる時に使ったスプーンが一緒にレンチンできるのは使い勝手がとても良いのです。

金属のだと加熱中はレンジから出しておく必要があり、その間にポタポタ垂らしたりしてしまうんですよね。

注意点としては樹脂でも材質によっては電子レンジで使えないものもあるので、耐熱性をチェックするようにしましょう。

電子レンジで使用できる樹脂製スプーンは便利だモン

【エピローグ】

どんなもんでしょか?

俺的にはホントに「いいもの買ったなー」と思ってるんですが、ここまで読んで「しょぼ!」と思われてる方が多そうな気がします(;´∀`)

100円で8本も入ってましたが、そんなに要らないので、緑と白でよろしければ差し上げます。

ご入用でしたら、ご来店の際にお問い合わせください( ´∀`)_c□~