コーヒー豆: パナマ ハートマン 14/15


【基本情報】

エリア チリキ県サンタクララ
標高 1,500m
生産者 ハートマン農園
クロップ 14/15
加工方式 ナチュラル
品種 カツゥーラ
認証

ハートマン農園は原生的な自然環境を保全したエコツーリズム農園です。
1940年にラティボール・ハートマンが今日のハートマン農園を創業し、現在は5人の兄弟姉妹が農園の運営管理とツーリズムを手分けしています。
コーヒーは三代目ハートマン(ラティーボルJR・ハートマン)が担当しています。

農園主:ラティボール・ハートマン
農園主:ラティボール・ハートマン

ハートマン農園では、ティピカ、ゲイシャ、パチェ、マラゴジーぺ、カツーラの5品種を栽培。精製方法はウォッシュド、パルプドナチュラル、ナチュラルの3通りで精製しています。今回紹介するのは、カツーラのナチュラルのみに限定したスペシャルバージョン)です。
20943

ハートマン農園のファーマーへのインタービュー動画(英語)です。