汗だくコーヒーのススメ


今日は定休日だったのでHAT神戸を1マイルほど走ってきました。
営業日は1日平均5個もベーグルを食べながらろくに運動しないという状態に陥るので、休みの日ぐらいはワークアウトでカロリーを消費しておきたいところなんです。

ところで、夏の暑い時期に走った後、汗だくのままホットコーヒーを飲むことが結構あります。毎回ではありませんが。

一般的には夏になるとホットコーヒーは敬遠され消費が減ります。
この事象について「なぜ?」を3回繰り返してみますと以下の様な感じになります。

「なぜ夏になるとホットコーヒーは敬遠されるか?」

暑いから

「なぜ暑いとコーヒーを飲まなくなるか?」

汗をかくのが嫌だから

「なぜ汗をかくのが嫌なのか」

・風呂入って着替えたばかりなのに、また汗をかかきたくない
・これからまだ仕事があるのに汗をかきたくない

しかし、ランニング後についてはこれはあてはまらないのです。

走った後のランナーは既に汗だくです。
走り終わった直後は走ってた時以上に汗が出てくる感じがしますが、ドライ素材のウェアを着ていれば不快感はありません。

そんな状態で「どうせ後ですぐにシャワーをあびて着替えるのだから」と開き直り、ストレッチしながらお湯を沸かし、汗をぬぐいながら淹れて飲むコーヒーがなかなか旨いんですよ。

子供の頃、濡れることを全く気にせず、大雨の中を喜んで駆けまわったことはないですか?
その感覚・気持ちの高揚に少し似ているように思います。

また、少し前の記事でシェアしたように、高負荷なワークアウト後のリカバリにコーヒーは良いとも言われています。
暑いシーズンにホットコーヒーを飲むのに適したタイミングのひとつだとは思いますので、よろしければトライしてみてください。

P.S. 神戸マラソンはずれましたので、大会当日は通常どおり営業します。また昨年のような企画も何かしらやりたいと思ってます。

coffee runner