メリタ コーヒーフィルター(ドリッパー)の設置可能条件


ハンドドリップのドリッパーは何をお使いでしょうか?

当店で取扱っているドリッパーはハリオだけですが、ペーパーはハリオの円錐形以外に扇形のも置いてます。

紙の売れ行きでは、扇形のほうがよく出てます。

そんな扇形の代表選手で「ペーパードリップの元祖」がメリタです。

湯を一気に注いで落ちるのを待つだけという簡単さがウリだと思いますが、実は、その前の準備に結構難があります。

というのも、置けるサーバが制限されるんです。

【メリタ コーヒーフィルター設置の問題点】

1×2のは他社のと似た形状で、マグカップなどに問題なく置けるのですが、ラインナップの中心の1×4はかなり置きにくいのです。

シルクハットのツバのようなのが、他社のと比較して、かなり上にあるので、サーバの内径が狭いと置けないんです。

メリタのコーヒーフィルターはHARIOのサーバには置けません

メリタのサーバなら、メリタ同士で相性良く設計されているので問題ありません。

しかし、他社のサーバに置こうとすると、ほとんど置けないです(;´∀`)

【メリタ コーヒーフィルターの設置条件】

こちらで調べたところ、大体以下の条件であれば置けそうです。

  • AF-M 1×4, SF-M 1×4 → 内径84~90mmのサーバ
  • SF-PP 1X6 → 内径 108~114mm

定規で測っただけの素人採寸なので、できれば、サーバーを購入される場合は、コーヒーフィルターを持参して確かめることをオススメします。

P.S. 唯一こちらで確認がとれてるのは、以下のイワキの1リットルのサーバには SF-M 1×4が置ける事です。田舎の親が毎日使っています(;´∀`)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です