コーヒー豆を贈ったら忘れずやっておきたいちょっとした事


お正月も終わり、お歳暮、御年賀と続いたギフトシーズンも一段落といった印象です。

これらのギフトにコーヒー豆を贈ったからもいらっしゃるのではないでしょうか?

さらにその際に、先方がコーヒー豆を自分で挽いてるのか、店で挽いてもらってるのかわからないまま、挽いた状態で贈ったからもいらっしゃると思います。

そんな時のアフターフォローとして、やっていただきたいとことがあります。

いたって簡単なことで、コーヒー豆を贈った後に、挽いて贈ったのが良かったのか聞く事です。

普段自分で挽く人なら、挽いた状態のコーヒー豆をもらうと、ちょっと残念な気がします。

お持ちのミル(グラインダー)が良いものであればあるほど、残念度は増します(^_^;)

なので、次に備えて、確認したほうがベターなんです。

これをやらないと、また次も同じことの繰り返しになってしまいます。

ギフトセット コーヒー&アーモンド煎餅(南蛮)

【いつ聞くのが良いか】

これは時間がたつにつれ、「何のことだっけ?」となるので、贈った後、最初に会う時がいいです。

【どう聞けば良いか】

「コーヒーどうでした?」

これはダメです。
「美味しかった」で終わりですね。

「挽いて送ったけど良かった?」

これもイマイチですね。
気の置けない関係でも無い限り、ホントは豆のままが良かったとしても、「大丈夫」と返ってくるでしょう。

「挽いて送ったけど、もしかして豆のほうが良かった?」

これがいいと思います。
「うん、実は・・・」と本音を返しやすいと思います。

【ついでに】

相手から聞くことができたら、次のように宣言しましょう。

「では、次の機会があれば、豆のままにしますね!」
もしくは
「では、次も挽いて送りますね!」

これによって、次回の処置を正当化できます。

【最後に】

うまく聞けたとしても、それを覚えておくのは至難の業。
しっかりメモっておきましょう。

紙でもデータでも、次の機会にちゃんと見つかるものであれば、何でもいいです。

自分で挽く人にとっては、挽く時間も含めてコーヒータイム。
せっかく贈るんでしたら、よりコーヒータイムを楽しんでいただけるようにしたいとこですね( ´∀`)

氏名 挽き方 好み
イワン マメスキー 豆のまま 深煎り
セルゲイ コナスキー 中挽き 中煎り