コーヒー豆: ケニア タンバヤ 15/16


【基本情報】
エリア 中央州 ニエリ県
標高 1,500m
生産者 ルムキア生産者組合
クロップ 15/16
加工方式 ウォッシュト
品種 SL28, SL34
認証

今や世界最高とも呼ばれるコーヒー生産国ケニア。その中でも高い評価を得ているニエリ地区にあるルムキア生産者組合が作るコーヒーです。

ルムキア生産者組合
ルムキア生産者組合

農業手法を良く教育された生産者が栽培、収穫したコーヒーチェリーは、果実のまま加工場に集められ、生豆に一括で加工されます。この加工場の良し悪しが生豆の品質に大きく影響します。
このコーヒーはアバーデア国立公園の近くにあるタンバヤ・ファクトリーで加工されています。立地から来る生態系や自然の豊かさが特徴的なファクトリーで、世界のトップファクトリーになる事を目標に、高い生産意識と環境への愛情を持ってコーヒーの生産に従事しています。

タンバヤ・ファクトリー
タンバヤ・ファクトリー