コーヒー豆: インドネシア (マンデリン) ドロサングル


【基本情報】
エリア スマトラ島北部 ドロサングル地区
標高 1,400m
生産者
クロップ 13/14
加工方式 ウェットハル(スマトラ式)
品種 アテン
認証

id doloksanggul - tree

「マンデリン」とはそのまま特定のコーヒー生産地を表す名称ではなく、スマトラ島北部で生産されるアラビカコーヒーの総称です。
そのためマンデリンの生産地は広大なスマトラ島北部に広がり、小規模農家からの集約によるバラツキが発生し品質管理が難しくなっています。

このコーヒ豆は優良産地と知られるドロサングル地区の中でもサラブレッド的なエリアから収穫された大粒のアテン種のみを厳選して使用しています。
雑味では無く、本来のマンデリンが持つフレーバーを感じることができるコーヒーです。

id doloksanggul - cherry