ベーグル入替え (10/2) のお知らせ


10月2日(木)に珈琲キャラメル、マスコバドレーズン、レモンピール&クリームチーズ、枝豆チーズを、コーベーシナモンレーズンベリーズクリームチーズえびごまチーズに入替えますので、お知らせします。

販売期間はコーベーシナモンレーズンベリーズクリームチーズが10/31まで、えびごまチーズは10/13までです。

10月は新しいコーヒー年度の始まりで、かつ当店の1周年でもありますので、コーベーを再販することにしました。1ヶ月間の期間限定ではありますが、どうぞよろしくお願いします。

ベーグル: コーベー

 


コーヒー豆「ケニア キリニャガ」販売開始のお知らせ(2014/10/1~)


10月1日(木) に ケニア キリニャガを販売開始します。「10月1日はコーヒーの日」ということで、今や The Topnotch (最高) と評されるコーヒー生産国のコーヒーをご用意することにしました。

焙煎度はシティロースト、価格は下記のとおりです。

ご購入量 価格
100g 520円
200g 1,000円 (100gあたり420円)
500g 2,400円 (100gあたり400円)

ケニアといえば、昨日のベルリンマラソン、デニス・キメット(ケニア)選手速かったですね!

2時間2分57秒の世界新!
自分が生きているうちにサブツー(フルマラソンで2時間を切ること)が見れそうな予感がします。

さて、当店にケニアの生豆が入荷したということは、エチオピア(イルガチャフィ)と合わせて今年もサブスリーブレンドに必要な材料が揃ったことになります。

昨年は神戸マラソン当日の早朝に当店で淹れてお出ししておりましたが、スタート会場から離れた当店にレース前にお越しいただくのも大変だと思いますので、大会に先立って焙煎豆を限定販売させていただこうかと検討しております。

具体的に決まりましたら、お知らせしますので、よろしくお願いします。

kenya-kimetto


コーヒー豆あります


当店の悩み事として、コーヒー豆屋と認識していただけない (^^;) というのがあります。
初めてのお客様に、ベーグル屋やカフェと思われてしまうことが多々あります。

入口を入って正面にベーグルが並んでいて、コーヒー豆はその右になります。
ただでさえ「人の視線は左に偏り右側には目が行きにくい」という特性があるのに、コーヒー豆は小瓶で展示しているだけなので、コーヒー豆を売っていると認知されにくいのも当然です。

P1020856

しかし、コーヒー豆を小瓶で展示しているのにはワケがあります。

それは、焙煎豆は水分や酸素の影響以外に、光や温度によっても変質(品質劣化)することが報告されているからです。

油脂分の酸化変質の指標の1つであるPOV(過酸化物価)に対する光の影響は大きく、1ヶ月の蛍光灯下で保存した場合、暗所で保存した場合の2倍弱になるとの報告があります。

また、温度については、おおまかに10℃上がると変質は2倍速くなると言われています。

これらをふまえると、焙煎後のコーヒー豆は、日光やシーリングライトの照射は極力さけて保管したほうがベターということになります。
水分や酸素の影響と比べると小さいものかもしれませんが、善処するにこしたことはありません。そこで、当店ではサンプル用として数十グラムだけを小瓶に入れて棚に展示し、残りの販売用は扉のついたキャビネットに収納するという形をとっています。

品質保持の面ではメリットがあるのですが、デメリットはコーヒー豆屋とわかってもらいにくいことです。

販促の面では、大きなガラス瓶や樽にコーヒー豆をあふれんばかりに入れて、大いに「コーヒー豆ありますよ!」とアピールするのが良いのでしょうが、それで品質を犠牲にするのはいただけないと思います。当面はこのままのスタイルで続けたいと思います。

「コーヒー豆あります」ので、よろしくお願いします。


コーヒー豆: ケニア キリニャガ


【基本情報】
エリア キリニャガ地区
標高 1,600-2,000m
生産者
クロップ 13/14
加工方式 ウォッシュト
品種 SL28, SL34, etc
認証

今や世界最高ともよばれるコーヒー生産国ケニア。その中でもキリニャガ地区は高品質なコーヒーを生み出すことで高い評価を得ています。
農業手法を良く教育された生産者が栽培、収穫したコーヒーチェリーは、果実のまま加工業者にわたされます。
その後、同じ加工場で同じプロセスで、生豆へ仕上げられるため、品質が高いレベルで安定しています。

ケニアの生産者

アフリカンベッドという高床のネットでパーチメントを乾燥します。
通気性が良く最も適度に乾燥が進むと言われる上、突然の雨にも対応できるようになっています。

ke kirinyaga - african bed


コーヒー豆: インドネシア リントンニフタ


【基本情報】
エリア スマトラ島北部 リントン ニフタ地区
標高 1,300-1,400m
生産者
クロップ 13/14
加工方式 ウェットハル(スマトラ式)
品種 在来種中心
認証

「マンデリン」とはそのまま特定のコーヒー生産地を表す名称ではなく、スマトラ島北部で生産されるアラビカコーヒーの総称です。そのため、マンデリンの生産地は広大なスマトラ島北部に広がり、小規模農家からの集約によるバラツキが発生し品質管理が難しくなっています。
スマトラ島 トバ湖

そんな中、スマトラ島北部 リントン・二フタ地区に限定したコーヒー豆を集め、吟味を重ねることで、高い品質を実現・維持しています。

スマトラ式


ツキイチコンボ (10/5,10/6) のお知らせ


10月5日(日),10月6日(月)に毎月恒例のツキイチコンボを実施します。

・ツキイチコンボ500 (「440円/100gの任意のコーヒー豆」 と「特定のベーグル」がセットで 500円

・ツキイチコンボ600 (「520円/100gの任意のコーヒー豆」 と「特定のベーグル」がセットで 600円

今回の「特定のベーグル」はココナツパインです。
どうぞよろしくお願いします。

ベーグル: ココナツパイン