サステナブルコーヒーのロゴ作ってみました


当店のコーヒー豆においては、いわゆるサステナブルコーヒーを積極的に使った商品づくりをするように心がけています。

サステイナブルコーヒーとは、サステイナビリティー(sustainability = 持続可能性)に配慮したコーヒーのことです。そのままですね(^^;)

簡単にいうと、「今、美味しいコーヒーが飲めれば、それでいいのさ!」ではなく、未来や次の世代のことも考えた上で、自然環境や人々の生活を良い状態にして維持することを目指して生産・流通しているコーヒーのことです。

「え?どれがそのコーヒーなの?」と思いませんでしたか?
たぶん、そう思われるお客様がほとんどだと思います。

POPやWEBの商品紹介でそれとなく書いていてもそこまで意識して読まないかたが多いでしょうし、認証ロゴなどラベルにプリントしても、そもそもそのロゴ自体が認知されていなければ「なんのこっちゃ」だと思います。

いくらサステイナブルコーヒーを扱っていても、伝え方がイマイチだと、認知してもらえないですし、周りに広がっていくこともありません。この点を反省し、今年は情報発信を改善していくつもりです。

その一環として、サステイナブルコーヒーをわかりやすく表すマークをつけてみることにしましたので、ご案内します。

これまでレインフォレスト・アライアンス認証などのロゴを使っていましたが、当然ですが、その認証を受けているコーヒー豆にしか貼れません。認証によっては、当店のように小分けに販売する場合は、ロゴが使えないということもあります。
また、そもそも認証など受けていないが、取り組んでいることは十分サステイナブルコーヒーといえるコーヒー豆もあります。
そんな状況で、ロゴが使用可能な一部のコーヒー豆だけに
そのロゴを貼ることがナンセンス極まりなく思えてきました。

試行錯誤になりますが、まずは認証機関の違いや、認証の有無に関係なく、サステイナブルコーヒーと思えるコーヒー豆には以下のロゴを貼ってみることにします。

サステイナブルコーヒーロゴ
Coffee meets Bagels 特製サステイナブルコーヒーロゴです。

我ながら、かなりベタなデザインです。(^^;)
イラレ, inkscape など得意じゃないので、とりあえず勘弁しておいてください。

一応、コーヒー豆をモチーフにしています。
(さすがにそれぐらいは伝わるといいのですが。。。)

あと、持続可能ということで、反時計回りに循環しているつもりなのです。
(これはわかりにくいですかね。。。)

フェアトレードに携われてるかたなどには、ラベルなんていらないというかたもいらっしゃいますが、やっぱりアイキャッチとしてはあったほうがいいと思うんですよね。

今使っているラベルが無くなり次第、新しいラベルに使っていきますので、お見知り置きください。(^^)