コーヒーで温まることはできるのか


先週ぐらいから寒い日が続きますね。

明日は数十年ぶりの大寒波が来るというニュースもあり、警戒されているかたも多いのではないでしょうか?

そんな寒さにコーヒーで対峙できないかと思い、ネットの情報を調べてみたのですが、どこのサイトを見ても、ネガティブよりの情報が出てきます。

コーヒーといえば温まるイメージを持っているかたもいらっしゃると思います。
たしかに、熱いコーヒーが入っている容器に触れたり、熱いコーヒーが体に入ったりすると、その時は体感的に温まります。しかし、その後はカフェインの利尿作用によって冷えていくということが判っており、「体を冷やす飲み物」側に含まれることが多いです。

カフェインの影響なので、コーヒーだけでなくお茶も同様ですが、紅茶はポリフェノールに温め効果があるので、むしろ「体を温める飲み物」に含められています。

とはいっても、このブログを見てくださっているかたなら、きっと「紅茶よりコーヒー派」に違いないと思います(^^)

そこで、コーヒーで温まるのは難しそうですが、せめて、コーヒーを飲んでも冷えにくくする方法をと思い、以下の2つを考えてみました。

1671c5f1602f851f9b56ae0fd08104c6_s
(1) 白い砂糖は使わない

精製された白い砂糖(グラニュー糖、上白糖など)は体を冷やすそうです。ただでさえ体を冷やすと言われているコーヒーにそういった砂糖を入れると、より冷えてしまいそうです。
砂糖を入れるなら黒糖など精製されていないものに変えてみてはいかがでしょうか。
当店でも、マスコバド糖、ココナッツシュガーを扱っていますが、マスコバド糖は癖が少なくて合わせやすいと思います。

マスコバド糖
フィリピンのネグロス島で作られている黒砂糖です。

(2) 体を温めるものをコーヒーに加える

ココアパウダー、シナモンパウダー、ジンジャーパウダーなどは体を温めると言われており、かつ、コーヒーに付加するものとして比較的ポピュラーです。
これらを加えると、先述しました紅茶におけるポリフェノールのように、カフェインによる冷やしをオフセットすることが期待できます。

以上ですが、ブラックでしか飲まないかたには何の役にも立たないですね(^_^;)
苦しい展開となってしまいましたが、冷えをしのぐ一助となれば幸いです。
-shared-img-thumb-150912275732_TP_V