アイスコーヒーのレシピ「ホットで入れて急冷」


暑くなってテイクアウトのアイスコーヒーの需要が増えてきたので、ご自宅でアイスコーヒーを作る方法です。ウォータードリップサーバの販売をお知らせしたばかりですが、今回はホットで入れて急冷する方法です。

ウォータードリップは簡単で作り置きもできて便利ですが、元々はダッチ式といって、昔オランダ領だったインドネシアで飲まれていた不味いコーヒーを少しでもマシに飲めるようにと、水で抽出することで成分の抽出を抑えようと試みたのが始まりと言われています。
不味いコーヒーというのはロブスタ種と呼ばれる、日本ではインスタントコーヒーや缶コーヒーなどに使われるもので、好ましくない香り・苦味があります。
しかしながら、アラビカ種の品質の良いコーヒーをアイスで飲むのなら、手間は少しかかりますが、湯でコーヒーの成分を十分抽出してから急冷するやり方がオススメです。水には溶け出しにくい香ばしさや苦味の成分を抽出することが可能だからです。

手順自体は簡単で以下のとおりです。

【出来あがり量 250ml(氷含む) の場合のレシピ】

① コーヒー豆(粉)25gでホットコーヒー150mlを抽出
(アイスコーヒーにはイタリアンローストもしくはフレンチローストといった極深煎りが合います)

② 抽出の合間にグラス一杯に氷を入れておく
(細かい氷がオススメです)

③ ①を②に一気に注いで、軽くかき混ぜて出来あがり

出来あがり量によって、粉の重さ、抽出量は調整してみてください。

ホットで入れて急冷して作るアイスコーヒー