無理せずコーヒーを楽しみましょう (^_^)


一昨日は定休日でした。
コーヒーセッションの開催日でしたが、午後の部にキャンセルが入ったので、梅田まで出てコーヒー屋さんを2軒まわってきました。

どちらも、雑誌やWEBのサードウェイブコーヒー特集などに取りあげられるような今風(^_^;)のコーヒー屋さんです。

【今風のコーヒーとは】

ホット、アイス合わせて5種類ほどいただきましたが、噂どおり煎りが浅いです。
どれを選んでも、当店でいうミディアムロースト、ハイローストぐらいの焙煎度のコーヒーが出てくるようです。
当然、酸味は最高潮です。

アイスコーヒーぐらいは別の深煎りのコーヒー豆を使うのかなと思ったんですが、違いました(^_^;)
ホットコーヒーと同等の浅煎りのコーヒー豆を使って、水出しで作ったり、フレンチプレスで淹れたのを急冷して作ったりしてるんですね。

「ホットもアイスも酸味を味わいましょう!」ということなのでしょう。

【今風のコーヒーは美味しいのか】

※ これは飲む人の好みですので、参考程度にとどめてください。

酸味のみならず、渋み、雑味まで最高潮のコーヒーもありました(^_^;)

さすがにこれは「誰が飲んでも美味しくないだろ・・・」と思ってしまいましたが、そういう問題外なのを除けば、美味しく飲める人もいるんじゃないかと思います。

ただ、カフェなどで非日常的に飲むのに向いてるコーヒーという印象です。

豆で買って帰って毎日飲む「我が家のコーヒー」としては、あまり適していないと思います。

※あくまで個人的感想です。

普段飲むコーヒーは、しみじみ美味しいのが一番ではないでしょうか。
普段飲むコーヒーは、しみじみ美味しいのが一番ではないでしょうか。

【無理せずいきましょう (^_^)】

「このコーヒー美味しい!毎日飲みたい!」と、本当にそう感じたのならいいと思うんです。

でも、そうではなく、

「流行っているから美味しい」

と、思わされてるかた、思い込もうとしているかたも少なからずいらっしゃるような気がしています。

流行色はナントカ委員会によって決められていることはご存知でしょうか?
そこで決まった流行色にファッション業界などが追随するわけです。

コーヒーもこれに近いものがあって、ナントカ協会で、「美味しいコーヒーとはこういうものだ!」となれば、流行りモノ好きな店や人がそれに追随する流れがあります。

毎年「今年の流行色」を追いかける人もいらっしゃるとは思います。
でも、無駄なコストはかけず、自分が本当に好きな色の服を着続ける人のほうが多数なのでは無いでしょうか。

コーヒーも先入観無しに飲んでみて、美味しいと思うコーヒーがいいと思います。

無理にレモンティー、ハーブティーみたいなコーヒーを飲まなくてもいいでしょう。

好みのコーヒーを楽しんでいきましょう (^_^)

以上、流行色そっちのけで青色ばかり着ているやつの投稿でした。(^_^;)

-shared-img-thumb-150912275732_TP_V