専用器具に頼らない水出しコーヒー


だいぶ前に流行し、既に一段落した感のある水出しコーヒーでしたが、アメリカ(Cold Brew)の影響か、昨年ぐらいからまた水出し用の器具などがいろいろ出てきています。

Coffee Lover が暑い日本の夏に汗だくにならずにコーヒーを楽しむ方法は主に次の2つだと思います。

・エアコンで部屋を涼しくしてホットコーヒーを飲む

・エアコンはつけずにアイスコーヒーを飲む

俺は昔は前者だったのですが、地味にCO2削減や東日本大震災後の節電に取りくんだりしているうちに、後者が増えてきました。

アイスコーヒーの淹れ方にしても、「ホットで淹れて急冷」一辺倒だったのが、最近は加熱する必要が無い、水出しを選ぶことが増えてきています。

【専用器具にたよらない水出し】

さて、その水出しコーヒーですが、店のお客様からも水出し用の器具を置いてないか、聞かれることがちょくちょく出てきました。

そのうち何かしら器具を仕入れようかと考えてはいます。
ただ、一般的な水出しの淹れ方というのは、水とコーヒー豆(粉)を混ぜて、しばらく置いたのを濾すだけですので、特別な器具が無くても簡単にできます

例えば、ハンドドリップでホットコーヒーを淹れてるかたなら、ドリッパーをお持ちだと思いますので、それで濾せばOKです。

ハリオのV60は穴が大きくて落ちるスピードが速いので、この用途にむいていると思います。

P1060340
コーヒー用のサーバーを使っていますが、必要量が入る容器であれば何でもいいです。

【手順】

(1) 適当な容器に粉と水を淹れて、粉全体に水が染みるように軽く混ぜます。
(今回は粉40g,水470gにしてみました。)

(2) 8時間ほど冷蔵庫で放置。

(3) 4杯用のV60ドリッパーで濾して完成。
P1060468

専用器具じゃ無くても、仕組みは同じなので、味に遜色はありません

もし ドリッパーが無くても、麦茶用のパックやキッチンペーパーなど家にあるもので、代用できると思います。

以上は浸けて濾すだけのタイプの場合ですが、点滴タイプの水出し(ウォータードリップ)についても、ちょっと難易度があがりますが、前に紹介した氷出しで近いことはできます。

いたずらにモノを増やしたくない場合は、あるものでできないか工夫してみてください(^^)