コーヒーをハンドドリップ(ペーパードリップ)で淹れる前にやるべき事


どんな作業でもそうだと思いますが、準備万端で望むのは大事だと思います。

そうすることで、作業が安定し、アウトプットの品質向上につながります。

コバルトでは、商品としてパンやお菓子を作っていますが、最初に必要な材料ものを一式揃えて、利用しやすい場所に、いつも同じように配置しておくよう心がけています。

コーヒーを淹れる時もかくあるべきなのですが、コーヒーセッション等ではあまり説明できていませんでした。

そこで、今回はハンドドリップ(ペーパードリップ)でコーヒーを淹れる時の事前準備だけにフォーカスした内容です。

【ハンドドリップ (ペーパードリップ) でコーヒーを淹れる前に準備すべき物リスト】

状況によっては不要な事もあるかもしれませんが、だいたいは以下のものを揃えます。

・ケトル (コーヒーポット)
・ドリッパー
・ペーパーフィルター
・コーヒー豆 (粉)
・タイマー (抽出時間や蒸らし時間の測定用)
・抽出先容器 (サーバ、ビーカ等)
・退避先容器 (目標の抽出量まで達したらドリッパー内に液が残っていてもドリッパーをどけますが、そのどけたドリッパーを置くための容器)

【各物の準備方法】

上記の物を単に出しておけばいいというわけではなく、動線を考え、使いやすく無駄のない状態にスタンバっておくことが大事です。

俺の場合は、以下のように準備しています。

・ケトル
 右利きなので右に置きます。

— 以降は右利きの前提です。 —

・抽出先容器
 抽出量がわかる目盛りが前面になる向きに置きます。

・ドリッパー
 抽出先容器の上に置きます。目標の抽出量に達してドリッパーをどける際、右手にケトルを持った状態でドリッパーを持つことになるので、持ち手は左手前に向けます。

・ペーパーフィルター
 できるだけ低いところから湯を落とそうとすると、ケトルの先がペーパーに当たって邪魔な事があります(;´∀`)
 そういう時は当たる部分を前もって折っておくとベターです。

・コーヒー豆(粉)
 上面を平らにならしておきます。

・退避先容器
 左手でドリッパーを持ってどける先なので、ドリッパーの左が良いです。

・タイマー
 カウントアップのスタート/ストップは右手にケトルを持った状態で操作しますので、左手操作になります。
 退避先容器の左が操作しやすいです。

ハンドドリップ(ペーパードリップ)でコーヒーを淹れる時の準備

【エピローグ】

どんなもんでしょ?

以上は俺にとって都合のいい準備方法なので、ご自分にとって具合がいいように調整してくださいね。

ここまで準備できていれば、余裕をもった抽出ができます。

いつも同じように準備することで、失敗が減り、安定した抽出につながります。

よろしければ、少し意識的にやってみてください。

良いコーヒーと良い一日を ( ´∀`)_c□~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です