コーヒー豆: コバルトブレンド (旧フルシティブレンド)

コーヒー豆: フルシティブレンド

【目指したもの】

フルシティローストの焙煎度のブレンドです。

産地などによる風味の違いより先に、焙煎度による味の違いがあることをお伝えしたいと思い、「これがフルシティだ」というボディ&苦味&甘味の三重奏を感じれるブレンドを作るというのが基本方針です。
その基本方針にプラスアルファとして多少の個性を加えることを目指しています。

また、このブレンドは定番中の定番になるだろう (^^) と期待し、年間を通じて安定して作れる配合にしようと考えました。
その結果、ブラジル、コロンビア、エチオピアという、仕入れやすい豆を使うことにしました。特にベースで使っているコロンビアは、収穫期が複数(通常は年1回)あって安定感があります。

コーヒー豆: コバルトブレンド

【こめられた想い】

安定感のあるコロンビアですが、ベースにするデメリットもあります。
コロンビアのコーヒー豆には輸出規格があるのですが、これは粒の大きさだけで判定されいて、不良豆が混ざっているかどうかは全く関係ありません。実際に標準的なコロンビアでは不良豆や異物を取り除くのにかなり手間がかかります。
コロンビアにも農園特定の高品質なものはありますが、えてして高価であり、提供価格があがってしまいます。
当店のコーヒーは近隣のかたが普段飲みしていただけるぐらいの価格で提供したいと考えていますので、極力材料費を抑えて、自分が手間をかけることでエリジブルコーヒー(※)を作っていくことにしました。

(※ エリジブルコーヒーとは飲んだかたに美味しく思っていただける資格のあるコーヒーを当店が勝手に呼称しているものです。詳細についてはコチラを参照ください。)

今後焙煎量が増えて時間が不足してきても「一手間かけて良い物を作って、お手頃に提供する」ということは続けていきたいと思っています。そんな初心を忘れないように、このブレンドをずっと作っていこうと思っています。

【余談】

このブレンドで使っているコーヒー豆はコロンビア(Colombia)、モカ(Mocha)、ブラジル(Brazil)で、旧店名 Coffee meets Bagels のイニシャル CMB と一致しています。
店名変更後もこの3つの組み合わせは出来るだけ変えずにいきたいと思っています。


営業日変更のお知らせ

ご不便をおかけし申し訳ございません

既に準備できていますので、もっと早い時間でも構いません。店頭の張り紙でお知らせしておりますが、7月から定休日が月曜、火曜の週2日間になります。

ベーグル終了と夏場のコーヒー豆の需要減によるご来店数の減少を見込み、店頭での営業は週5日とさせていただく事にしました。

代わりに、月曜日はこれまで夜しかお受け出来ていなかったコーヒー豆の配達サービスを9時~19時まで提供できるようにする予定ですので、よろしければご利用ください。

秋以降については7月,8月の状況を見て決めたいと思います。

営業日変更でご迷惑をおかけしますが、ご理解&ご協力のほどよろしくお願いします。

ご不便をおかけし申し訳ございません


コーヒー豆: ブラジル ダテーラ ヴィラ 16/17

ブラジル ダテーラ農園 乾燥

エリア ミナスジェライス州パトロシーニョ市
標高 1,000-1,100m
生産者 ダテーラ農園
収穫時期 2016年6月~9月
加工方式 ナチュラル, パルプトナチュラル
品種 カツーラ, ブルボン, アカイア, etc.
認証 レインフォレスト・アライアンス認証

年間7万5千袋の生豆を生産する大規模農園のコーヒーです。
Daterra Sign

生産から輸出までのプロセスは全て農園内で完結しており、安定した品質と大量生産を両両立させています。
ブラジル ダテーラ農園 コーヒー豆乾燥中

レインフォレスト・アライアンス認証を取得するなど持続可能なコーヒー生産に力を入れて取り組んでいます。

ダテーラ農園でコーヒー生産に携わる人々のインタービューを集めた動画(日本語版)がありますので、観てみて下さい。

 

コーヒー豆「コロンビア モンターニャネバダ 16/17」 提供終了のお知らせ

コロンビア ウィラ - パーチメント乾燥

コーヒー豆 「コロンビア モンターニャネバダ 16/17」 は本日焙煎した分が無くなり次第、提供終了です。

当店では新鮮なコーヒー豆だけを提供するため、焙煎から7日後までを提供期間としています。

完売しない場合も6月29日で終了となりますので、よろしくお願いします。

 

コロンビア ウィラ - パーチメント乾燥