【周辺スポット情報 12】佐竹豆腐店@大安亭市場

佐竹豆腐店@大安亭市場

なでしこジャパンで盛り上がる大安亭市場のお店を続けることにします。市場の中ほどにある佐竹豆腐店さんです

佐竹豆腐店@大安亭市場

当店は朝9:30開店なので、大安亭市場に立ち寄れるのは遅くても9時過ぎぐらいです。
昼に行けば豊富なラインナップがそろう佐竹さんですが、9時過ぎにはまだ一種類しかありません。
でも、自分にとっては問題ありません。他に何かあっても結局これを買うと思いますので。
P1040594

赤いマジックの点が目印です。
1丁400円。スーパーなどと比べると少し高価ですが、食べたら「安い」と感じると思います。
1丁400円の豆腐

醤油を筆頭に、もろ味噌、塩、ポン酢、食べるラー油など、何をかけても美味しいのですが、コーヒー屋のブログですので、今回は「きな粉+黒蜜」をたっぷりかけてコーヒーと一緒ににいただきました。とても濃厚で滑らかな豆腐スイーツになります。
P1040713-001

周辺お立ち寄りスポットに追加しました。


コーヒーセッション開催(2015年7月)のご案内


7月の「コーヒーセッション (ペーパードリップ抽出編)」の開催日程をお知らせします。

日にち: 7/14, 7/28
時間: 10時-11時30分,14時-15時30分の1日2回開催です。

今年も6月から9月はホットコーヒー+アイスコーヒーの内容です。

ただし、アイスコーヒーは昨年のグラス1杯分だけを作る内容から、作り置きを想定した内容に変えています。
(おそらく、一般のご家庭ではまとめて作っておいて飲みたい時に飲むニーズのほうがあると思いますので。)
容器をお持ちいただけましたら、余ったアイスコーヒーをお持ち帰りいただけますので、よろしければご持参ください。
P1040416

 

既にセッションのページから申し込み可能となっていますので、よろしくお願いします。

 


炭焼コーヒー(炭火焙煎コーヒー)をお探しのかたにオススメするコーヒー豆

炭火焙煎

最近は自販機などで見かける機会が減った炭焼コーヒー(炭火焙煎コーヒー)ですが、それでもたまに、「炭焼コーヒーみたいなのが好きなんですが」というお客様もいらっしゃいます。

炭焼コーヒーというのは、単に焙煎の熱源が炭火という意味ですので、炭焼きならではの味というのは基本的には無いはずです。
苦味や酸味といったコーヒーの特徴的な味をおおかた決めてるのは焙煎度ですので、まずは、その炭焼コーヒーと同じぐらいの焙煎度(豆の色)のものを当店のラインナップからお選びいただければと思います。

ただ、大手メーカーさんの商品をWEBでチェックすると、炭焼コーヒーとして商品化しているものは深煎りが多いようです。中煎りの炭焼コーヒーがあってもいいと思うのですが、「炭焼き=深煎り」というのが定番のようです。イメージ戦略でしょうかね。

ちなみに、当店の焙煎機の熱源はガスです。
肉や魚のように表面を焼き固めて中をしっとりさせたいなら炭火の遠赤外線が有効に働くと思います。でも、コーヒー豆の場合は内外の温度勾配を極力ゆるやかにして均一に焼きたいわけです。自分には、わざわざコストが高くて取扱いも難しい炭火にチャレンジする意義が見いだせないのです。

そんなわけで、当店は炭火ではありませんが、何かしら代わりになる豆はあるのではないかと思います。試飲もできますので、遠慮なく申しつけください。

炭火焙煎


コーヒー豆「インドネシア(マンデリン) / アルール・バダ」販売終了のお知らせ

enging soon (間もなく終了)

コーヒー豆「インドネシア(マンデリン) / アルール・バダ」は本日焙煎した分が無くなり次第、販売終了となります。

当店では焙煎から7日後までを提供期間としていますので、完売しない場合も7月3日で販売終了となります。

どうぞ最後までよろしくお願いします。

enging soon (間もなく終了)
間もなく終了です。最後までよろしくお願いします。

スーパーイタリアンロースト (オーダー焙煎もやってます)

オーバ焙煎もやってます

今朝はお客様からのご依頼で、ブラジルのコーヒー豆を通常販売しているイタリアンローストよりさらに5℃高くなるまで加熱した“スーパーイタリアンロースト”で焙煎しました。周りにはいつも以上のローストフレーバーがぷんぷん漂ってたことと思います。

オーバ焙煎もやってます

当店では店側で勝手に豆毎に焙煎度を決めて、商品として提供しております。しかし、通常販売しているコーヒー豆の焙煎度を変えたものにニーズがある場合は、「オーダー焙煎」として個別に対応させていただいております。

最小のご注文単位は800gです。
当店の焙煎には最小でも1Kgの生豆が必要ですが、これを焙煎すると800g台に目減りします。オーダー焙煎のものは他のお客様に販売できませんので、800g買い取っていただく形になります。
例外として、今朝のスーパーイタリアンローストのように極端な深煎りになると、目減りが多くなり800gを切ることがあります。その場合は結果的に700gをご購入いただくことになりますが、基本は最小800gとお考えください。

繁忙期などは個別のオーダー焙煎に対応できなくなることもありますが、可能な限りお受けするようにしています。
前日には準備しますので、ご相談&ご注文はお引取り希望日の2営業日前までにお願いします。どうぞお気軽にご相談ください。


ピザとコーヒー

ピザとコーヒー

先週のテレビ番組の影響でデリバリーピザが人気だそうです。休業日だったのでたまたま家でチラ見したのですが、たしかに美味しそうでした。世界一のピザ職人?のかたが絶賛しているんですもん。そりゃ試してみたくなるかたもいらっしゃるでしょう。
ネット全盛でもまだまだテレビの影響は侮れないようです。

そして、タイミングのいいことに、当店東に歩いてすぐのピザハット三宮店さんでは、8/23までずーーーーーっと「ハットの日」です。

そんな時流に逆らうこと無く、ピザと相性がいいと思われるコーヒーを紹介する記事を書くことにします(^^;)

(1) ピザを食べながら飲む場合

こってりしたピザの合間に飲むのなら、浅煎りから中煎りぐらいのすっきりした酸味系のコーヒーがいいと思います。

(該当する当店のコーヒー豆: エチオピア イルガチャフィ ミディアムロースト, ハイブレンド, マラウィ チャカカ, etc.)

(2) ピザを食べたあとに一息ついて飲む場合

こってりした食事の後には苦いコーヒーがいいと思います。ビターなコーヒーは口の中をさっぱりさせますので。また、ピザは甘くないので、甘いモノに飢えてきたら、最後に苦めのエスプレッソに砂糖を入れてデザートとして楽しむのもいいと思います。これはイタリアンのコース等では定番ですよね。

(該当する当店のコーヒー豆: ブラジル ダテーラサンライズ イタリアンロースト, フレンチブレンド, etc.)

(1) の場合は、コーラとかビールとかいう強敵がいますので、どちらかというとコーヒーの出番は(2)ですかね。
ピザ&コーヒー、お楽しみ下さい。

ピザとコーヒー