コーヒーの香りは嗅いでみてください!


「香りがいいのください!」
これ、お客様から良く言われるのですが、結構難題です。

というのは、香りの強い弱いは客観ですが、香りの良い悪いは飲む人の主観なので、簡単にオススメできないのです。

例えば、現在販売中のベーグルにシナモンレーズンというのがあります。
これはシナモンの香りプンプンで、店主の主観ではとてもいい香りだと思います。
しかし実際は結構苦手なかたも多くて、当店ではあまり売れ行きが良くないベーグルとなっています。
京都には八つ橋、大阪には肉桂餅というシナモンの香りプンプンの銘菓があって人気を博しているのですが、神戸にはそういうものも無く、あまり人気がないような気がしてきています。
コーヒーも店主の主観ではエチオピア イルガチャフィなんてすごくいい香りだと思うのですが、これもかなり好き嫌いが分かれそうな香りです。

というわけで、冒頭のご希望を持ってらっしゃるかたは、実際に豆を嗅いでみていただくことをおすすめします。当店で他店のような大きな容器では無く小さな小瓶でサンプルを展示しているのは、そのためでもあります。
香気成分は全てカップに溶け出るわけではないので、豆の時の香りと液体の香りは同じにはなりませんが、参考にはなると思います。
焙煎後は時間がたつにつれて、香りはどんどん弱くなっていきますので、香りが既に弱くなっていてわかりにくいようでしたら、何グラムか粉に挽いて香りを立たせることもできます。
やはりカップでということでしたら、淹れて試飲してみてください。
いずれも、ご遠慮なくお気軽にお試し下さいませ!
coffee aroma